ニュース・コラム

PGAツアー

当たると評判のCPUが算出したフェニックスの勝者とは?

2019年1月31日(木)午後3:54

2018-19 ウェイストマネジメント フェニックスオープン
 優勝者をピタリと当てるというコンピューターがいま話題となっている。

 マイク・マクルーア氏によって作られたという米サイト「スポーツライン」の予測モデルは、直近のメジャー8試合のうち4試合の勝者を的中、昨年のツアー選手権では25倍というオッズにも関わらずタイガー・ウッズ(米)の復活Vを言い当てた。

 新シーズンもCJカップのブルックス・ケプカ(米)、ヒーローワールドチャレンジのジョン・ラーム(スペイン)、そして前週行われた欧州ツアーのオメガドバイデザートクラシックでのブライソン・デシャンボー(米)の優勝を導き出している。

 いよいよ日本時間今夜開幕するウェイストマネジメント フェニックスオープンにおいても1万回のシミュレートが行われたというが、その結果は果たして?

 天才演算マシンがこの度算出したところによると、2016年、2017年と大会と連覇を達成し、今大会もPGAツアーが試合毎に発表するパワーランキングで優勝予想トップに立つなど期待を集める松山英樹は3度目のタイトル獲得には至らないと予想(14倍)。7倍のラーム、9倍のジャスティン・トーマス(米)を優勝候補の筆頭としている。

 その他、今季2勝のザンダー・ショフレ(米/14倍)や2016年大会で松山とプレーオフを争ったリッキー・ファウラー(米/18倍)の躍進を予想しているが果たして。


〇7倍
ジョン・ラーム

〇9倍
ジャスティン・トーマス

〇14倍
松山英樹
ザンダー・ショフレ

〇18倍
ゲーリー・ウッドランド
リッキー・ファウラー
ウェブ・シンプソン

〇20倍
トニー・フィナウ

〇22倍
フィル・ミケルソン

〇25倍
マット・クーチャー

〇28倍
キャメロン・スミス

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 ウェイストマネジメント フェニックスオープン
1月31日(木)~2月3日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。