ニュース・コラム

PGAツアー

小柄なショフレの飛距離の秘訣は"地面反力"と“前後軸”

2019年3月20日(水)午後1:00

みんなのPGAツアー
この記事のキーワード
 今季2勝を挙げているザンダー・ショフレ(米)は小柄ながら飛距離が出る選手です。その秘訣をティーチングプロの吉田洋一郎さんに解説して頂きました。
 
“地面反力”の使い方が上手いザンダー・ショフレ
 身長178cmとPGAツアーの中では小柄なショフレ選手が飛距離を出せるポイントは、いまレッスン界でよく言われている"地面反力”を上手く使っているところにあります。

 地面反力とは、ダウンスイングのときに左足を踏み込み、その反動を利用して縦に力を抜いてスイングの回転スピードを上げる動きですが、ショフレ選手はこの動きを非常に上手く使っています。この動きは“前後軸”といいます。

 前後軸を少しわかりやすく説明すると、パターを打つときの構えをより深く、背中と地面が平行になるくらいに前傾してから、ストロークの動きをしてみると、右肩と左肩が上下に動くと思います。この動きが前後軸となります。

 この時、上半身だけの動きでは、大きく振ることができません。振り抜いていくときに、左足を伸ばすように地面を蹴り上げて、縦に力が抜けていく動きが加わることによって、大きく身体を使うことが出来るようになります。さらに、左足が伸びる動きとタイミングが合うことで、速くスパッと回転できます。

 アマチュアの皆さんは、どちらかというと背骨を軸にした垂直軸の回転をイメージしがちだと思いますが、この前後軸をイメージすることで、ショフレ選手のようにビシッとしっかり飛ばせるようになります。是非参考にしてみてください。

(写真:Getty Images)

関連番組

みんなのPGAツアー

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。