ニュース・コラム

国内女子

成田美寿々「構えたら真っすぐ飛ぶ気しかしなかった」ラウンド後の一問一答

2019年4月8日(月)午後4:00

ぎゅっと週刊国内ツアー
この記事のキーワード
 静岡県で行われた国内女子ツアーのヤマハレディースオープン葛城は成田美寿々の優勝で幕を閉じた。ツアー屈指の難易度を誇る葛城ゴルフ倶楽部山名コースで、最終日4打差逆転で昨年10月「富士通レディース」以来のツアー通算12勝目を手にした成田が今大会を振り返った。
 

―カッコいい勝ち方で優勝した今のお気持ちは

 想像していなかったこの時間を噛みしめています。

―ツアー屈指の高難易度コースで4打差を追う最終日のゲームプランは?

 ボギーは出ると思っていたので、3バーディ、2ボギーのアンダーパーで回れれば良いかなと思っていました。なので、今日のゴルフ(5アンダー67)はゲームプランには無かったです。

―スタート前、逆転できる可能性は何%でした?

 3%ぐらいですかね。薄い可能性でしたけど、葛城コースで逃げ切るのは難しいって聞いていたので、しっかり自分のゴルフをすればチャンスはあると思っていました。

―勝ちに繋がった要因について

 苦手とするパッティングが4日間良い形で貫けたことだと思います。

―最終日ショットに点数をつけるとしたら?

 かなり点数高めで、95点ぐらいはあげたいです。構えたら真っすぐ飛ぶ気しかしなかったので、かなり気持ち良く打てました。

―アン・ソンジュ(韓)と並んで迎えた18番について

 (セカンドは)スプーン(3W)がギリギリの距離ではなかったので、クリーク(5W)でグリーンを狙うショットでした。左のバンカーには入れないように気を付けながら打ちました。(イーグルトライは)「これで入ったらカッコいいけど、2パット」と言い聞かせながら、内心では2パットで止まるかなと思っていました。

 最後2メートルぐらい残りましたけど、先週からフックラインは良いイメージで打てていて、良い感じで打てるラインだったので、これは神様が自分を試している気がしたので、しっかりラインに乗せて打ちました。決まった瞬間は嬉しすぎて鳥肌が立ちました。

―今後の目標を

 理想は3月に勝ちたかったですけど、思っていたよりは早く勝てたと思っています。全米女子オープンに出場する予定なので、弾みをつけられる良いゴルフで勝てました。この後も自信を持っていきたいと思います。

関連番組

ぎゅっと週刊国内ツアー

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。