ニュース・コラム

国内男子

宮本勝昌「和合で勝てるとは思ってもいなかった」家族・師匠・仲間の前で掴んだ復活V

2019年5月6日(月)午後6:00

ぎゅっと週刊国内ツアー
この記事のキーワード
 愛知県で行われた国内男子ツアーの中日クラウンズは宮本勝昌の優勝で幕を閉じた。昨季賞金シードを失い、ケガや病気を乗り越えて、2017年のダンロップ・スリクソン福島オープン以来となるツアー通算12勝目を手にした宮本が今大会を振り返った。
 
―2年ぶりの優勝を手にした今のお気持ちは

 今回の優勝は特別嬉しいです。今までの中でも一番かもしれません。和合コースは自分にとって難しすぎて、ここで優勝するのは一生無いと思っていました。

―和合コースの難しさとは?

 今年は優勝したので、難しさはいつもよりかは感じなかったですけど、フェアウェイをキープして、グリーンに乗せる、ゴルフの基本をいかに72ホール繰り返せるかというところだと思います。

―今日のラウンドを振り返って

(出だしボギーが先行して)切り替えができなかったですけど、和合の攻め方の基本を変えることなく、ブレずに最後までできたことが結果につながったと思います。

―優勝を決めた最終18番のロングパットについて

 10メートルぐらいあったと思いますけど、「入れてやるぞ」って気持ちでプレーしました。(入った瞬間)普段はガッツポーズとかするんですけど、あまりにも嬉しくて、驚いていたこともあり、出なかったですね。リアクションができない、プロゴルファーとしては失格ですかね(笑)。

―家族、師匠の芹澤信雄、チームメンバーの前で勝てたことについて

 感無量という言葉しかないです。個人スポーツで、師匠をはじめ仲間が出迎えてくれることはなかなかないので嬉しかったですし、家族の前で勝つことも簡単にできることではないので、良い思い出になりました。

―オフシーズンに取り組んだ100ヤード以内のショット練習が生かされた?

 普段からやっているんですけど、和合は100ヤード前後のショットが多いので、まさに今回はそれが生かされた4日間でした。

―キャディさんについて

(今回の優勝も)キャディさんのおかげで、途中心が折れそうになった時も、ものすごい勢いで立て直してくれて。ポジティブで前向きなキャディさんでした。でも実はラインの読みが素晴らしく、全部正しくて、最後のバーディパットも複雑なラインでしたけど「左からの芽が強い」というアドバイスがあっての結果なので、本当に感謝ですね。

―今シーズンの目標は

 まずは次の試合でも予選を通過する。もっと言えば、初日でアンダーパーを出すことですね。
 

関連番組

ぎゅっと週刊国内ツアー

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。