ニュース・コラム

国内男子

日本勢トップは2位の池村寛世 東北福祉大2年米澤蓮も好発進

2019年5月9日(木)午後6:52

2019 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ
 日亜共催の「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」は9日、千葉県の総武カントリークラブ 総武コースを舞台に第1ラウンドの競技を終了。4アンダー67で回ったダンタイ・ブーマ(タイ)が初日を終えてトップに立った。

 1打差の2位タイに池村寛世と東建ホームメイトカップを制したブレンダン・ジョーンズ(豪)。また、アマチュアの米澤蓮(東北福祉大2年)が1イーグル、2バーディ、2ボギーでプレーして2アンダー4位タイと好発進を切った。同順位には浅地洋佑、手嶋多一、Y・E・ヤン(韓)、H・W・リュー(韓)がつけている。

 昨季賞金王の今平周吾は1アンダー9位タイ。連覇を狙う池田勇太はこの日はボギーが先行し2オーバー73。片岡大育(2017年)、金庚泰(韓/2010、15年)、小田孔明(2011年)と歴代覇者たちとともに35位タイ発進となった。

 一方、前週中日クラウンズを制した宮本勝昌は1ダブルボギー、6ボギー、1バーディと苦しみ、7オーバー127位タイで初日を終えている。

(写真:JGTO)

関連番組

2019 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ
5月9日(木)~5月12日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。