ニュース・コラム

国内女子

宮里藍さん「普段では感じることのできないセッティングが、選手全体のレベルの底上げになる」 

2019年6月17日(月)午後5:34

ぎゅっと週刊国内ツアー
 国内女子ツアーの宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント(兵庫県/六甲国際ゴルフ倶楽部)のアンバサダーを務めた宮里藍さんがインタビューに答えた。

―大会を終えての感想

 今日が天気で良かったというのが率直な気持ちです。去年初めてアンバサダーという立場で大会に携わらせて頂き、今回は少し自分の意見を反映させて頂きました。

 ピンポジションもそうですし、しっかりとアンバサダーとして去年よりも携われているという自覚は自分の中にあるので、来年に向けて自信になりました。

―後輩やゴルフファンに向けて伝えたいこと

 コースセッティングにはモチベーションがあるので積極的に携わっていきたいと思っています。

 普段の大会では感じることのできないセッティングというか、ショットの精度がより求められるホールローケーションだったり、そういうコースセッティングをしていけたら、選手全体のレベルの底上げになると思います。

 この大会を通じて少しでも技術が上がるようなものを選手に感じてもらえたらいいなと思います。

 ゴルフファンの方には、たくさんの方がゴルフ場に足を運んで下さいました。より試合でもたくさん女子ゴルフを応援して貰えるように、この大会を通じて何かを発信できたらと思います。

関連番組

ぎゅっと週刊国内ツアー

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。