ニュース・コラム

PGAツアー

今平周吾、飛行機遅延も関係なし!3打差2位タイの好スタート「ティーショットが上手く打てて攻めやすかった」

2019年7月26日(金)午後0:30

2018-19 WGC-フェデックス セントジュードインビテーショナル
 世界選手権シリーズのWGC-フェデックスセントジュードインビテーショナル(7237ヤード・パー70)は25日、米テネシー州のTPCサウスウィンドで第1ラウンドが行われ、今平周吾は6バーディ、1ボギーの「65」を叩き出し、首位と3打差の5アンダー2位タイと好スタートを切った。

―今日のラウンドを振り返って

 ティーショットが上手く打てたので、結構攻めやすかったです。

―1番のパーパットについて

 あそこで長いパーパットが入ってくれたので、そこから良いリズムでいけました。パッティングは良いイメージで打てました。

―ショットの手応えは?

 ドライバーも良くて、アイアンも結構ピン方向に飛んでいたので、全体的に良かったです。

―修正点はありましたか?

 たまに左に引っ張ってしまう所があったので、そこは修正していきたいです。

―明日に向けて意気込みを

 初日でコースも覚えられたので、明日からもっと良いプレーで回れるように頑張ります。
 

第1ラウンド ホールバイホール

関連番組

2018-19 WGC-フェデックス セントジュードインビテーショナル
7月25日(木)~7月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。