ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、2日目のパット貢献度1位 「63」で首位に急浮上

2019年8月17日(土)午後0:30

 米男子ツアーのプレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」は16日、米イリノイ州のメディーナCC(パー72)で第2ラウンドが行われ、松山英樹がコースレコードの9バーディ、ノーボギー「63」を記録し、通算12アンダー単独トップに浮上した。

 決め手はパッティングだった。初日は32パットを要したが、2日目は25パット。また、パット貢献度(ストローク・ゲインド・パッティング)は「-2.033」から「5.258」(2日目の全体1位)に。「チャンスにつけられたパットが入ってくれた」と、9バーディのうち6つは5m以上で1番、5番、17番、18番では約10mをねじ込んだ。

「ビッグスコアが出せたことは少し自信になる」と口にした松山。2017年のWGC-ブリヂストン招待以来のツアー通算6勝目に向け残り2日間を戦う。

関連番組

2018-19 BMWチャンピオンシップ【FedExカッププレーオフシリーズ】
8月15日(木)~8月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。