ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹は10打差9位に後退 J.トーマスが「61」で首位浮上

2019年8月18日(日)午前8:49

2018-19 BMWチャンピオンシップ【FedExカッププレーオフシリーズ】
 米男子ツアーのプレーオフシリーズ第2戦「BMWチャンピオンシップ」は17日、米イリノイ州のメディーナカントリークラブ(パー72)で第3ラウンドが行われ、ジャスティン・トーマス(米)が「61」で回り、通算21アンダー単独トップに浮上。単独2位のトニー・フィナウ(米)には6打差をつけている。

 2打差の単独4位から出たトーマスは出だしから5連続バーディ、10番パー5でイーグル、16番パー4では残り約180ヤードの第2打目を直接入れイーグルとするなど2イーグル、8バーディ、1ボギーの「61」と、前日に松山英樹がマークしたコースレコード「63」を2打更新した。

 一方、単独トップからスタートした松山は2バーディ、3ボギーの「73」とスコアを落とし、通算11アンダー9位タイに後退した。

 ローリー・マキロイ(北アイルランド)は通算10アンダー13位タイ、タイガー・ウッズ(米)は5つ伸ばし通算7アンダー31位タイ、ブルックス・ケプカ(米)は通算5アンダー43位タイで最終日を迎える。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 BMWチャンピオンシップ【FedExカッププレーオフシリーズ】
8月15日(木)~8月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。