ニュース・コラム

メジャー・対抗戦

今平周吾の選出は?世界選抜残り4人を紐解く/プレジデンツ杯

2019年10月10日(木)午後0:20

2019 ザ・プレジデンツカップ
この記事のキーワード
 プレジデンツカップの開幕まで2か月。米国選抜、世界選抜ともすでにポイントランキング上位8人が決定しており、注目は残り4枠のキャプテンピックに向けられている。

 世界選抜の4枠のうち1枠はジェイソン・デイ(豪)が有力だ。31歳のデイはポイントランキング9位で惜しくも自動選出を逃したが、アダム・スコット(豪)とともに地元オーストラリア勢であり、コースのロイヤルメルボルンでの経験も買われて選出が濃厚だ。

 もしデイが1枠を確保した場合、残り3枠を少数のプレーヤーたちで争うことになり、今後数週間はキャプテンのアーニー・エルス(南ア)の意思決定にとって重要になる。

 そのグループの中にはイム・ソンジェ(韓)、ジャスティン・ハーディング(南ア)、コリー・コナーズ(カナダ)、アン・ビョンホン(韓)、今平周吾がいるとみられる。また、経験値を考えればキム・シウ(韓)、アダム・ハドウィン(カナダ)、エミリアーノ・グリーヨ(アルゼンチン)、ブランデン・グレース(南ア)も候補。さらにここ数週間で優勝したホアキン・ニーマン(チリ)、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)が入ってくる。

「彼らはステップアップして、私を苦しめている」とエルス。自動選出で決めた松山英樹に続きメンバー入りするためにも、今平にとっては勝負の10月後半となりそうだ。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019 ザ・プレジデンツカップ

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。