ニュース・コラム

PGAツアー

トーマスが「63」で単独首位に浮上 松山英樹は18位で週末へ

2019年10月18日(金)午後5:04

2019-20 ザ・CJカップ at ナインブリッジズ
 米男子ツアーのザ・CJカップ at ナインブリッジズは18日、韓国のナインブリッジズ(7,241ヤード・パー72)で第2ラウンドが行われ、4打差9位タイから出たジャスティン・トーマス(米)が9バーディ、ノーボギーの「63」を叩き出し、通算13アンダー単独首位に浮上した。

 通算11アンダー2位タイに地元のアン・ビョンホン(韓)、ダニー・リー(ニュージーランド)、通算9アンダー4位タイに「65」を記録したジョーダン・スピース(米)らが続く。

 5打差15位タイから出た松山英樹は4バーディ、2ボギーの「70」とし、通算5アンダー18位タイで週末を迎える。

 14番パー4(353ヤード)でホールインワン未遂のショットを放ったフィル・ミケルソン(米)は通算2アンダー33位タイで2日目を終えた。

 また、昨季覇者で世界ランク1位のブルックス・ケプカ(米)は2バーディ、5ボギーの「75」とスコアを落とし、通算イーブンパー51位タイとなっている。

 なお、今大会に予選落ちはない。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 ザ・CJカップ at ナインブリッジズ
10月17日(木)~10月20日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。