ニュース・コラム

PGAツアー

首位ウッズらを松山英樹が1差で追う 石川遼もノーボギーで上位に

2019年10月24日(木)午後3:14

2019-20 ZOZOチャンピオンシップ
 PGAツアーのZOZO チャンピオンシップは24日、千葉県のアコーディア・ゴルフ習志野CCを舞台に第1ラウンドの競技を終了。タイガー・ウッズ(米)、ゲーリー・ウッドランド(米)が6アンダー64を叩き出して首位で並んだ。

 立ち上がり3連続ボギーと低調なスタートとなったウッズだが、すぐにアジャストし14番からの3連続バーディでバウンスバック。18番でもひとつスコアを伸ばし1アンダーで折り返すと、後半も勢いは止まらず3番から再び3連続バーディ、7番、9番でもバーディを重ね、この日は9バーディを量産しファンを沸かせた。

 また松山英樹も好発進。前半を4バーディ、1ボギーで回って首位ターンすると、後半はウッズの猛追に差し切られる形となったが3バーディ、1ボギーとさらに2つスコアを伸ばし、1打差の単独3位でウッズ、ウッドランドを猛追する。

 以下上位勢は、3アンダー4位タイにダニエル・バーガー(米)、アイアン・パーマー(米)、康晟訓(韓)の3選手。石川遼はノーボギーでプレーし、星野陸也、ザンダー・ショフレ(米)らとともに2アンダー7位タイ。小平智は1アンダー14位タイ、大槻智春はイーブンパー25位タイで初日の18ホールを終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 ZOZOチャンピオンシップ
10月24日(木)~10月27日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。