ニュース・コラム

PGAツアー

好調・ウッドランドが首位発進「すべてが良い1日だった」

2019年10月24日(木)午後7:31

 ZOZO チャンピオンシップ・第1ラウンド。6アンダー64を叩き出し、タイガー・ウッズ(米)とともに首位発進を切ったゲーリー・ウッドランド(米)は「ティーショット、フェアウェイからのコントロール、そしてパット、すべてが良い1日だった」と振り返った。

 前週の「ザ・CJカップ」でも3位タイに入るなど好調だが、「全米オープン後、ショートゲームを重視しすぎてボールストライキングが悪くなった。ベガスの後でボールストライキングを重視して良くなった。パッティングも良くなってきている」と明かした。

 好調を維持していることでプレジデンツカップメンバー入りの可能性も多いに出てきているが、あくまでも自然体だ。「来週は休みなのでそれはまた来週に考えるよ。いまは今週のトーナメント、最終日のチャンスだけを考えている。(米国主将の)タイガーは僕がどれだけチームに入りたいかを知っている。だからいまは良いプレーをすることだけを考えているし、それができれば解決できると思う」と目の前の一戦に集中する。

関連番組

2019-20 ZOZOチャンピオンシップ
10月24日(木)~10月27日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。