ニュース・コラム

国内女子

テレサ・ルーが首位 女王争いは3差3位の渋野日向子がリード

2019年11月28日(木)午後3:32

2019 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
この記事のキーワード
 国内女子ツアーの最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は28日、宮崎県の宮崎カントリークラブを舞台に第1ラウンドの競技を終了。5アンダー67で回ったテレサ・ルー(台)が単独首位、2打差で古江彩佳が追う展開となっている。

 また賞金女王を争う3人では、逆転での戴冠を狙う同ランク3位の渋野日向子が好スタート。前半は我慢の展開が続いたものの、11番でイーグル奪取に成功、16番でもさらにひとつ伸ばし、柏原明日架とともに2アンダー3位タイにつけた。また、賞金トップの鈴木愛も後半スコアを崩したが、イーブンパー10位タイとなんとか上位戦線にとどまった。

 一方で米韓に続く3ツアー目の賞金タイトルを目指すランキング2位の申ジエ(韓)は、13ホールを終えた時点でイーブンパーだったが、14番からまさかの3連続ボギーと大ブレーキ。3オーバー26位タイといきなり出遅れることとなってしまった。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
11月28日(木)~12月1日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。