ニュース・コラム

ギア

宮里藍さんら29人のブリヂストン契約プロが集結「Bridgestone Golf ドリームフェスタ 2019」

2019年12月13日(金)午後1:10

稲村亜美のゴルフ情報番組「ゴルフスイッチ!」



 12日、「Bridgestone Golf ドリームフェスタ 2019」が千葉県のPGM総成ゴルフクラブで行われた。

 今年で5回目となるこのイベントには宮里藍さんをはじめ、アン・シネ、大里桃子、松田鈴英、倉本昌弘、堀川未来夢、宮里優作、宮里聖志、宮本勝昌ら29人のブリヂストン契約プロが参加し、120人以上のアマチュアとレッスンやハーフラウンドで交流を深めた。



 第1回目から参加している宮里さんは例年パー3のニアピンコンテスト担当だったが、今回はパッティングレッスンを担当し、アマチュアのためにラインを読んでいた。

「選手の顔ぶれもだいぶ変わり、女子は華やかになりました。大里桃子ちゃんや松田玲英ちゃんなど活躍した選手もいますし、男子は男子で兄たちと会うのはこういう機会しかないので(笑)。ファンとの交流は珍しい試みだと第1回目から思っていて、皆さんに喜んで頂けて嬉しいです」



 セクシークイーンことアン・シネはニアピン担当。ウォーミングアップ時はショートしたり、風の影響でグリーンを外していたが、本番になるとギアチェンジ。ピンそばにつけるショットを連発し「さすが!」という声が多く上がった。もちろん写真撮影、サインもひとりひとり丁寧に対応していた。



 



 宮里優作、堀川、大里らはドラコン担当。宮里はアマチュアのドライバーを見て「ちょっといいですか」と握って感触を試すなど、とてもフランクな雰囲気で進み、序盤は「まだフェアウェイに行っていないんですよ(笑)」と言っていたが、徐々に調整しナイスショットを放っていた。



 倉本はレッスン担当。わざわざ自分のスマートフォンを取り出し、正面から動画を撮影し「自分の打っているイメージと、実際のイメージは違うことがあるんですよ」と優しく丁寧に教えていた。10分ほどの短い時間の中、課題を即座に見つけ的確なアドバイスを送るのはさすがだった。

 
 
 レッスン、ハーフラウンド終了後には懇親会、そしてトークショーが行われた。堀川は偏食で魚介類が全くダメ、サウナに年間365回以上は行っているなど面白トークを展開。松田はテンションの上がるウェアのコーデを聞かれるも、「目に入ったのを手に取るだけで、あまりこだわりはないです」と答え、司会の宮里聖志は「もう少し広げてもらっていい?」と笑いを誘った。

 大里は仲のいいプロとライバル視しているプロを聞かれ「渋野日向子です」と回答。仲良くなったのは中学生時代の大会。一緒に回り15ホールは話していなかったが、16ホール目で大里がパーセーブした際に渋野が岡山弁で「ナイスパーじゃの~」と言ったことから仲良くなったという。



 パーティの最後には恒例となっている参加プロが提供するプレゼントグッズの大抽選会が行われ、キャディバッグ、クラブなどが当たった参加者は大喜びでプロから少し早めのクリスマスプレゼントを受け取っていた。

関連番組

稲村亜美のゴルフ情報番組「ゴルフスイッチ!」

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。