ニュース・コラム

PGAツアー

フィナウが「62」で単独首位に浮上 松山英樹は28位タイで最終日へ

2020年2月2日(日)午前10:05

2019-20 ウェイストマネジメント フェニックスオープン
 米男子ツアーのウェイストマネジメント フェニックスオープンは1日、アリゾナ州のTPCスコッツデール(7,261ヤード・パー71)で第3ラウンドが行われ、トニー・フィナウ(米)が単独首位に浮上した。

 6打差12位タイから出たフィナウは1イーグル、7バーディ、ノーボギーの「62」を記録。通算16アンダーで2016年のプエルトリコ・オープン以来となるツアー通算2勝目に王手をかけた。

 1打差単独2位にウェブ・シンプソン(米)、2打差3位タイにJ.B.ホームズ(米)、ハドソン・スワフォード(米)、3打差5位タイにザンダー・ショフレ(米)らが続く。

 55位タイから出た松山英樹は、8バーディ、2ボギーの「65」で回り、通算7アンダー28位タイに浮上している。

 ジョン・ラーム(スペイン)は通算10アンダー11位タイ、ジャスティン・トーマス(米)は通算8アンダー21位タイ、昨季覇者のリッキー・ファウラー(米)は通算5アンダー40位タイで3日目を終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 ウェイストマネジメント フェニックスオープン
1月30日(木)~2月2日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。