ニュース・コラム

PGAツアー

今年から招待試合に格上げ 世界1位マキロイ、ウッズ、松山ら出場

2020年2月11日(火)午前10:45

2019-20 ザ・ジェネシスインビテーショナル
 米男子ツアーのザ・ジェネシスインビテーショナルは13日、米カリフォルニア州のリビエラカントリークラブ(7,322ヤード・パー71)を舞台に開幕。日本からは松山英樹が参戦する。

 ロサンゼルスオープンとして始まった今大会は2017年からジェネシスオープンとなり、今年からザ・ジェネシスインビテーショナルに格上げ。アーノルド・パーマーインビテーショナルやザ・メモリアルトーナメントと同等の格付けとなるため、優勝者には通常の大会よりも1年多い3年間のシード権が付与される。

 昨季大会はJ.B.ホームズ(米)が通算14アンダーで4年ぶりツアー通算5勝目を挙げ、松山は通算7アンダー9位タイに入っている。

 大会ホストを務めるタイガー・ウッズ(米)はアマチュア時代の1992年にツアーデビューを果たした地でツアー最多の83勝目を狙う。

 5年ぶりに世界ランク1位に返り咲いたローリー・マキロイ(北アイルランド)をはじめ、ブルックス・ケプカ(米)、ジョン・ラーム(スペイン)、ジャスティン・トーマス(米)、ダスティン・ジョンソン(米)と世界ランク上位5人が揃ってエントリーした。

 また、フィル・ミケルソン(米)、ジョーダン・スピース(米)、ババ・ワトソン(米)、パトリック・リード(米)、ジャスティン・ローズ(英)、ジェイソン・デイ(豪)、アダム・スコット(豪)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)らが出場する。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 ザ・ジェネシスインビテーショナル
2月13日(木)~2月16日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。