ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹は「71」で42位発進 クーチャーが単独首位、ウッズは17位

2020年2月14日(金)午前10:57

2019-20 ザ・ジェネシスインビテーショナル
 米男子ツアーのザ・ジェネシスインビテーショナルは13日、米カリフォルニア州のリビエラカントリークラブ(7,322ヤード・パー71)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「71」で回り、イーブンパー42位タイ発進となった。

 大会ホストのタイガー・ウッズ(米)は1番パー5でイーグルを奪うなど4アンダーで折り返すも、後半に2つボギーを叩き、2アンダー17位タイで世界ランキング2位のブルックス・ケプカ(米)、ジャスティン・ローズ(英)らと並んでいる。

 7アンダー単独首位はマット・クーチャー(米)。4アンダー2位タイにラッセル・ヘンリー(米)などがつけ、3アンダー7位タイに世界ランクNo.1のローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(豪)、パトリック・キャントレー(米)らが続く。

 世界ランク3位のジョン・ラーム(スペイン)は1アンダー33位タイ、大会4勝目を狙うババ・ワトソン(米)、ダスティン・ジョンソン(米)、フィル・ミケルソン(米)、ジョーダン・スピース(米)は1オーバー65位タイで初日を終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 ザ・ジェネシスインビテーショナル
2月13日(木)~2月16日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。