ニュース・コラム

国内女子

今季最注目ルーキーのひとり吉田優利インタビュー「毎週いいパフォーマンスを皆様にお届け出来るように頑張ります!」

2020年3月2日(月)午後11:00

ぎゅっと週刊国内ツアー
この記事のキーワード
 2018年の日本女子アマチュアゴルフ選手権、日本ジュニアゴルフ選手権で優勝、2019年プロテスト合格してQT20位の資格で今季よりJLPGAレギュラツアーに出場する女子プロゴルファーの吉田優利選手(19)が、ゴルフネットワークの単独インタビューに答え、オフの過ごし方や今季に向けての抱負などについて話を聞きました。

【関連】吉田優利と澁澤莉絵留が真剣勝負!フォトギャラリー
 
ツアー参戦は「とりあえず全力でぶつかって行くしかないのかな」
─プロゴルファーとなって今の気持ち

 本当にワクワクしています。自分がどれだけ出来るかわからないですが、プロとしてデビューできるのは嬉しく思いますし、凄く楽しみです。

─オフの過ごし方

 全体的な技術的レベルアップはもちろんですが、1年間戦える体力だったり、筋肉トレーニング、「筋肥大」というんですけど、筋肥大に向けてトレーニングを積んでいました(編注:筋肥大とは筋繊維の体積を増加させること)。

 それから、ベトナムにひとりで行ってきました。現地にいる知り合いの方にお願いして、ゴルフが出来る環境を作っていただきました。1週間だけでしたが、ビッシリやりました。目の前がビーチだったので、走ったりトレーニングしたりしていました。

─ツアーでの戦い方

 いままではスポットで出ていたのでそこにピークを持っていくことができたんですけど、それが毎週毎週の試合になるので、気持ちの持ち方だったり、どうやったらいいのかがわからない状態なので、とりあえず全力でぶつかって行くしかないのかなと思ってます。

─自分の強みや、不安な部分

 強みは、粘り強くプレーできることと思っています。パーを拾うことだけでなくじゃなくて、相手が嫌だなと思うところでバーディを獲ったりとか、そういうことを意識してゴルフしています。

 ウィークポイントはたぶん体力だと思うんですけど、筋力とかではなくて純粋な体力というのは少し不安ですし、そのためにもどういうふうに自分をコントロールしていくか、考えていかないといけないなと思います。

─食事について

 食事はかなり気をつかっていて、食生活から体を中から変えるということはこれから継続したいと思っています。低脂質を意識していて、カロリーは摂取してもいいと思うんですけど、いくら食べてもものによってはただ単に太ってしまうとかあるので、高タンパクだけでなく低脂質というものを意識して食事しています。

─ゴルフで壁にぶつかったりした時のリラックス方法は

 普段自分でやっていることは、「1回ゴルフから離れる」ということです。調子が悪いときはあまり練習しないタイプなので、気分転換で出掛けたり友達と食事に行ったりして気分をリフレッシュして、自分がゴルフと向き合っていける状態になったら練習を始めるというのが、私にとってはベストかなと思っています。

─2018年には日本女子アマ、日本ジュニアの二冠を達成した

 あの時は自分の気持ちもすごく盛り上がってましたし、状態もすごく良かったので勝てた部分もあるんですけど、その後怪我もあったりして・・・また、新しい自分になれたと思います。

─最後に今季の目標を

 今シーズンの目標は、リランキングを突破してシード権を獲得することです。そのために、毎週いいパフォーマンスを皆様にお届け出来るように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

関連番組

ぎゅっと週刊国内ツアー

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。