ニュース・コラム

PGAツアー

11月延期のマスターズ 新たに4選手が出場確定

2020年4月8日(水)午後5:17

2020 マスターズトーナメント
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月9日から11月12日開幕に延期されたゴルフの祭典、マスターズトーナメント(米ジョージア州/オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ)の出場選手が正式に確定した。7日、米ゴルフチャンネルが伝えている。

 例年、歴代優勝者などの出場資格を持たない選手のうち、大会前週の世界ランキングでトップ50に入っている選手にも出場権が与えられるが、ゴルフチャンネルによると、今回はランキング凍結前最後の3月20日時点の順位をもとに適用される。

 これによりコリン・モリカワ(米)、スコッティ・シェフラー(米)、クリスティアン・ベサイディンオート(南ア)、グラエム・マクドウェル(北アイルランド)が新たに追加され、日本の松山英樹、今平周吾を含む96選手がグリーンジャケットをかけてプレーすることが決まった。

 なお、米ツアーは現在中断しているが、再開後のトーナメント優勝者など今後新たにマスターズの出場資格を満たす選手には、翌2021年大会の出場権が与えられるという。同ツアーの再開は早くても5月21日開幕予定のチャールズ・シュワブチャレンジ(テキサス州/コロニアルカントリークラブ)となる。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 マスターズトーナメント
11月12日(木)~11月15日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。