ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹「ショートゲームのミスが大きかった」 次週の舞台は初優勝の地

2020年7月6日(月)午前11:45

2019-20 ロケットモーゲージクラシック ※日程変更
 米男子ツアーのロケットモーゲージクラシックは5日、米ミシガン州のデトロイトゴルフクラブ(7,334ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹は5バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「71」でプレーし、通算13アンダー21位タイで終えた。

 なお、次戦から2大会はミュアフィールドビレッジゴルフコース (米オハイオ州)での開催。同コースは松山が2014年のザ・メモリアルトーナメントでツアー初優勝を挙げた場所である。来週の新規大会、ワークデイチャリティオープンでの松山に期待だ。

―今日のラウンドを振り返って

 11番までは良いプレーができました。12番以降はショットのブレもありましたし、なんと言ってもショートゲームのミスが大きかったです。

―14番のダブルボギーについて

 ライは良かったですが、色々と新たなことをやっている中で、言い訳になってしまいますが、しっかりと打ち抜く力がなかったです。

―試行錯誤する1週間だった

 そういう感じはありました。少しずつ手応えみたいなものが出てきた感じはあるので、そこをもう少しビビらず、自然と萎縮してしまっているので、それが無くなれば良いプレーができると思います。

―自信が持てない点について

 ショットに関してはこのままやって、連戦をこなしていく中でもっと確かなものを見つけていければなと思います。

―次戦以降に向けて意気込みを

 ミュアフィールドビレッジゴルフコースはショット力が試されるコースですし、上位に行くためにはパッティングが入らないと、今のままではダメなので、月、火、水曜に何か考えたいと思います。

 楽しみな部分もありますが難しいコースではあるので、しっかりやっていかないと上位には行けないので、そういう意味では早く修正したいところが多いかなと思います。
 

最終ラウンド ホールバイホール

関連番組

2019-20 ロケットモーゲージクラシック ※日程変更
7月2日(木)~7月5日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。