ニュース・コラム

PGAツアー

モリカワがプレーオフを制しツアー通算2勝目 松山英樹は22位

2020年7月13日(月)午前9:30

2019-20 ワークデイチャリティオープン at ミュアフィールドビレッジGC
 米男子ツアーのワークデイチャリティオープン at ミュアフィールドビレッジGCは12日、米オハイオ州のミュアフィールドビレッジゴルフコース(7,456ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、コリン・モリカワ(米)が制した。

 3打差の単独3位から出たモリカワは1イーグル、5バーディ、1ボギーの「66」を記録。通算19アンダーでジャスティン・トーマス(米)と並び、勝負はプレーオフへ。

 18番で行われたプレーオフ1ホール目は両者バーディ、2ホール目は両者パー。10番に移動し実施された3ホール目でパーとしたモリカワが、昨年7月のバラクーダチャンピオンシップ以来となるツアー通算2勝目を手にした。

 通算15アンダー単独3位にヴィクトル・ホヴランド(ノルウェー)、通算14アンダー単独4位にチェイス・サイファート(米)、通算12アンダー5位タイにイアン・ポールター(英)、ゲーリー・ウッドランド(米)が続いた。

 松山英樹は5バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの「73」と落とし、通算8アンダー22位タイで終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 ワークデイチャリティオープン at ミュアフィールドビレッジGC
7月9日(木)~7月12日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。