ニュース・コラム

PGAツアー

ジョン・ラーム、世界ランク1位に「長くいられることを願っている」

2020年7月30日(木)午後1:52

2019-20 WGC-フェデックスセントジュードインビテーショナル ※日程変更
 2週前のザ・メモリアルトーナメント presented by ネーションワイドを制し、スペイン人選手としてはセベ・バレステロス以来2人目の世界ランキング1位に浮上したジョン・ラーム。10代の頃に設定した目標を早々に叶えた25歳だが、彼の焦点は変わっていない。それはトップの座を維持することがいかに難しいか理解しているからだ。

「親友で5度のメジャーチャンピオンであるフィル(・ミケルソン)でさえ、そこにはたどり着けなかったんだ」とラーム。当時はタイガー・ウッズ(米)全盛期だったとはいえ、多くのタイトルを獲得しながら世界ランク1位には到達できなかったミケルソンの姿を見てきたからこそ、その地位をキープするのは容易ではないことを知っている。

 そして「同時にここに来ることができたことは素晴らしいことだよ」としたラームは、「(プロ転向後の)この4年間は素晴らしいゴルフをしてきたけど、それ以上のプレーを続けてここに長くいられることを願っているよ」とトップを維持することへの意気込みを語った。

 30日開幕の世界選手権シリーズ、WGC-フェデックスセントジュードインビテーショナル(米テネシー州/TPCサウスウィンド)では、予選ラウンドをブライソン・デシャンボー(米)、リッキー・ファウラー(米)と回ることが決まっている。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 WGC-フェデックスセントジュードインビテーショナル ※日程変更
7月30日(木)~8月2日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。