ニュース・コラム

PGAツアー

23歳のコリン・モリカワが全米プロ制覇 松山英樹は22位

2020年8月10日(月)午前10:30

2020 全米プロゴルフ選手権 ※日程変更
 海外男子メジャーの全米プロゴルフ選手権は9日、米カリフォルニア州のTPCハーディングパーク(7,234ヤード・パー70)で最終ラウンドが行われ、コリン・モリカワ(米)が通算13アンダーでメジャー初制覇、ツアー通算3勝目を手にした。

 23歳のモリカワは後半16番パー4(294ヤード)では1オンに成功し、イーグルを奪うなど1イーグル、4バーディ、ノーボギーの「64」を記録。初出場での優勝は史上9人目のことである。

 通算11アンダー2位タイにダスティン・ジョンソン(米)、ポール・ケーシー(英)。通算10アンダー4位タイにマシュー・ウルフ(米)、ジェイソン・デイ(豪)、ブライソン・デシャンボー(米)、トニー・フィナウ(米)、スコッティ・シェフラー(米)が入った。

 松山英樹は4バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「70」とスコアを伸ばせず、通算4アンダー22位タイだった。

 3連覇を目指したブルックス・ケプカ(米)は通算3アンダー29位タイ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)は通算2アンダー33位タイ、タイガー・ウッズ(米)は通算1アンダー37位タイで大会を終えている。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 全米プロゴルフ選手権 ※日程変更
8月6日(木)~8月9日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。