ニュース・コラム

PGAツアー

ウッズの収穫は「戦えた」こと 全米プロ37位タイ

2020年8月10日(月)午後5:18

2020 全米プロゴルフ選手権 ※日程変更
 全米プロゴルフ選手権(米カリフォルニア州/TPCハーディングパーク)の最終ラウンドが9日に行われ、タイガー・ウッズ(米)は3アンダー「67」で回り、通算1アンダー37位タイで今年最初のメジャー大会を終えた。

 今大会から「0.75」インチ長くした新パターを使用しているウッズはその効果か、初日はストローク・ゲインド・パッティング「1.249」を記録して20位タイとまずまずのスタートを切った。しかし、2日目は「-1.674」、3日目は「-0.266」とグリーン上で苦戦し、59位タイまで順位を落とした。

 それでも上位進出を狙った最終日は25パットの「0.629」と持ち直し、5つのバーディ(2ボギー)を奪って良い形で4日間を締めくくると、「全体的に体の反応はすごく良かった。今週の収穫は『戦えた』と感じられたこと」と自身のプレーに満足している様子も見せた。

 次週のウィンダムチャンピオンシップ(13日~)には出場しないが、その翌週からはプレーオフシリーズが始まる。厳しい戦いが続くことになるが、「厳しい道のりになるのは分かっていたので、トレーニングをハードに行い、強さと持久力を維持できるようにしてきた」と話している。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 全米プロゴルフ選手権 ※日程変更
8月6日(木)~8月9日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。