ニュース・コラム

海外女子

AIG全英女子オープン 渋野らが切手サイズのグリーンを警戒

2020年8月19日(水)午後5:40

2020 AIG全英女子オープン
この記事のキーワード
 20日に開幕するAIG全英女子オープンの舞台はスコットランドのロイヤルトゥルーンゴルフクラブ。男子の全英オープンゴルフ選手権は過去に9回開催されているが、女子では今回が初めてとなる。

 名物ホールは8番のショートホール。距離は120ヤードほどだがグリーンが非常に小さくティーグランドから見ると四角い郵便切手のサイズに見えることから「ポステージ・スタンプ」と呼ばれている。また、グリーン周りには深いバンカーが5つもあるため、外したら外したでパーセーブするのは難しくなる。

 連覇を狙う渋野日向子は「右のバンカーの練習をしました。テレビで見たよりも狭いので難しいと思います」とコメントし、3週前と先々週の大会を制したダニエル・カン(米)は「グリーンは外せない。欲張らないでとにかくグリーンに打たないといけない」と警戒している。

 また、ローラ・デービース(英)は「ウェッジを使って4日間ともグリーンの真ん中に乗せたい。ピンがどこでもロングパットにはならないから。とにかく手前はダメ、奥もダメ、左もダメ、右は絶対にダメ」と話し、このホールではグリーンに乗せることが最優先だと話している。

「ポステージ・スタンプ」を攻略し、今季最初のメジャー大会を制すのは誰か。日本勢は渋野のほか、畑岡奈紗、野村敏京、河本結、上田桃子、勝みなみ、稲見萌寧の計7人が参戦する。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 AIG全英女子オープン
8月20日(木)~8月23日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。