ニュース・コラム

国内女子

ツアー2勝目をメジャーで飾った永峰咲希「大きい大会の優勝で凄く自信になった」

2020年9月14日(月)午後2:29

2020 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
 国内女子ツアー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を制した永峰咲希がオンライン記者会見に臨み、2年ぶりのツアー通算2勝目をメジャー大会で飾った心境などについて語った。

―今の率直な気持ちは?

 前半はバーディチャンスも多くて緊張はなかったですけど、後半は優勝を意識し出してから緊張してしまっていっぱいいっぱいでした。でも最後は気持ちでどうにか逃げ切ったという感じでの優勝でした。

―優勝を意識したのは?

 後半最初の3パット(12番)がまさか自分でも外すと思ってなかったので、外してちょっと意識してしまいました。

―最終日のプレーを振り返って

 風が後半ちょっとずつ強くなってきましたが、それに対応してどうにか縦の距離も合わせながら打っていけてたのが良かったと思います。

 3パットを2回してしまいましたけど、どっちもオーバーして返しが打てなかっただけなので、ショートの3パットよりは良いかなと思いながらプレーしてました。

 初優勝の時も3パットしてるので、それを思い出しながらプレーしていましたね(笑)。

―前半3つ伸ばして追われる立場になりました

 途中まであまりリーダーボードを見ていなくて、トップの数字を見たのが10番くらいだったので、そこまでは意識していなかったです。

―最終18番のバーディパットについて

 入れれば(優勝を)ほぼ確実なものにできるなと思っていたので入れたかったですけど、上りのアゲンストのフックで、決めに行けなかったのはちょっと残念でした。しっかりもっと打ちたかったなというのはあります。

―プレーオフになる意識は?

 ありました。最後はロングで3打目がうまくいけばバーディが獲れるホールでもあるので、プレーオフもあるだろうと思ってました。

―4日間を振り返って

 あまり日本にはないリンクスのようなゴルフ場で4日間凄く楽しくプレーできましたし、ピンと同じ面に打っていかないといけないゴルフ場は自分には向いていると実感することができたので、凄い楽しい4日間でした。

―優勝賞金3,600万円の使い道

 金額が大きすぎてピンと来ていないですけど……ちょっと考えておきます(笑)。(副賞の車は)いま家に父と母のが2台あるので、3台目が自分のになって嬉しいなって感じがしますね。

―優勝を誰に伝えたい?

 テレビ中継やネット中継で応援してくれた地元のファンの方もそうですし、母や父やいつも応援してくれている方々にまずは感謝の気持ちと良い報告を届けたいなと思います。

―今後の目標は?

 5試合目の大きい大会で優勝することが出来て凄く自信にもなりましたし、ここまでの試合の流れ的にも自分の成長を感じる場面がいっぱいありました。

 1勝目と2勝目の間が凄く空いてしまったので、3勝目はもっと早くできるように頑張りたいなと思います。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
9月10日(木)~9月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。