ニュース・コラム

国内女子

ツアー2勝目の稲見萌寧「毎週毎週、優勝を目指していきたい」と更なる飛躍を誓う

2020年10月12日(月)午後1:44

2020 スタンレーレディスゴルフトーナメント
 台風14号の影響で36ホール短縮競技となった国内女子ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」を制した稲見萌寧が、オンライン記者会見で大会を振り返った。

―優勝できた一番の要因は?

 15番の4メートルぐらいのパットが決まってくれたので、そこから少し流れが良くなったのかなと思います。

―一番良かった部分は?

 今日は全部パーオンしていたので、そこがボギーを打たなかった要因になったと思います。

―コースコンディションについて

 台風があったとは思えないぐらいキレイでした。暑いなというのはあったんですが、風がその分吹いてくれていたので、やりやすいコンディションだったと思います。

―風はどのぐらい影響があった?

 ティーショットはメンタルとの戦いみたいな感じだったので、ティーショットには風が影響しました。

―36ホール目の18番について

 ドライバーでのティーショットが左側のフェアウェイで、そこからセカンドを3番ウッドで打って、3打目は116ヤードを9番アイアンでコントロールショットしました。

(3打目はカップが)見えなかったので、良い方向に行って寄ってくれれば良いなって思ったら、70センチについていてくれたので気楽にバーディが獲れました。

―プレーオフの18番の3打目について

(意識はせず)最終日の最終ホールだと思って狙いに行きました。

―プレーオフの顔触れ(淺井咲希、ペ・ソンウ)について

 相手が誰というよりも、自分の強い気持ちでどうにかしようと思っていました。2人とも優勝経験者であり、年齢も淺井咲希さんは近いので、良い緊張感で良い楽しさがありました。

―今後の目標は?

 ちゃんと練習して、来週から毎週毎週、優勝を目指していきたいなと思ってます。

―ウェアのコーディネートについて

 お父さんと決めました。寒さとか天気を考えて、長袖長ズボンで色合いは黒と赤で「ちょっとタイガーっぽく行こうか(笑)」みたいな感じでした。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 スタンレーレディスゴルフトーナメント
10月9日(金)~10月11日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。