ニュース・コラム

PGAツアー

関藤直熙、コリン・モリカワとの練習Rは「貴重な経験になりました」 初の米ツアー大会に挑戦

2020年10月21日(水)午後4:00

2020-21 ZOZOチャンピオンシップ at シャーウッド
この記事のキーワード
 米男子ツアーのZOZOチャンピオンシップ at シャーウッド(22~25日/米カリフォルニア州/シャーウッドカントリークラブ)に出場する関藤直熙がインタビューに答えた。

―初めてのPGAツアー大会となるが

 主催者推薦で出場させて頂けることが決まってから、楽しみな気持ちでいっぱいです。初日が待ちきれないです。

―有名選手は見かけたか

 昨日の朝は一人で(練習ラウンドを)スタートしましたが、午後からコリン・モリカワ選手が前の組で一人で回っていたのでダッシュで追いついて「入ってもいい?」と聞いて、一緒に回ってもらいました。貴重な経験になりました。

―オーストラリアに留学していたので英語は問題ない?

 日常会話なら大丈夫なのでコリン選手とも話せたりして楽しかったです。

―実際にモリカワ選手と回ってみて

 PGAツアーの選手では飛距離が出る方ではないと分かっていたので、それもあり一緒に回ってみたかったです。精度が高いなと思いました。

―自身と比較してどうだったか

 グリーンが日本よりアンジュレーションがきつく、そこにピンポイントに狙って行くアイアンショットが僕との違いかなと思いました。

―コースの印象は

 コースは距離は思ったより長くないですが、戦略性が高く、ドッグレッグが多く、グリーンのアンジュレーションもきついです。ティーショットでフェアウェイを捉えることが大事です。

―課題になりそうなところは

 グリーン周りです。ティーショットがラフに行ってしまうとセカンドでグリーンを捉えられなくなると思うので、まずはティーショットでしっかりフェアウェイを捉えて、そこからアイアンでグリーンを狙って行けたらちょっとは頑張れるかなと思っています。

―海外に対する憧れはあるか

 ゴルフを始めた小さい頃から海外でプレーするのが夢でした。

―今週の目標は

 自分の今できるベストを尽くして一つでも上の順位で終われるように一生懸命頑張りたいです。

関連番組

2020-21 ZOZOチャンピオンシップ at シャーウッド
10月22日(木)~10月25日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。