ニュース・コラム

PGAツアー

アダム・スコット、新鮮な気持ちでヒューストンOP出場 翌週はマスターズ

2020年11月5日(木)午後3:50

2020-21 ビビント ヒューストンオープン
 2週前のZOZOチャンピオンシップ前に新型コロナウイルス陽性となったアダム・スコット(豪)が今週のビビントヒューストンオープン(5~8日/米テキサス州/メモリアルパークゴルフコース)で復帰する。

 本来であればZOZOチャンピオンシップのあとにマスターズの舞台、オーガスタ・ナショナルゴルフクラブに向かうはずだったが、陽性となりロサンゼルスで10日間の自主隔離をすることに。「最初の24時間は頭が痛くて熱があったがすぐに回復した」と大事には至らなかったが準備不足は否めない。

 それでも「気持ちよくスイングができているし、何より新鮮な気持ち」と前を向いているスコット。ヒューストンオープンでは翌週のマスターズに向け、新しいボールやドライバーを試すという。

 スコットがオーストラリア人として初めてマスターズを制したのが2013年。最終日最終ホールの長いバーディパットを決めた後の叫びとガッツポーズ、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)とのプレーオフと印象深い大会の一つ。

 2013年以降メジャー大会での優勝はないが「新鮮な気持ち」で再びグリーンジャケットに袖を通すことができるか、楽しみである。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 ビビント ヒューストンオープン
11月5日(木)~11月8日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。