ニュース・コラム

PGAツアー

C.ビジェガス、M.ウォレスが首位タイ 小平智は出遅れ

2020年11月20日(金)午前9:50

2020-21 ザ・RSMクラシック
 米男子ツアーのザ・RSMクラシックは19日、米ジョージア州のシーアイラインドゴルフクラブ シーサイドコース(SS/パー70)、プランテーションコース(PL/パー72)で第1ラウンドが終了。シーサイドコースで「66」を記録したカミロ・ビジェガス(コロンビア)とマット・ウォレス(英)が6アンダー首位タイに立っている。

 5アンダー3位タイにピーター・マルナティ(米/SS)、アダム・ロング(米/PL)、キーガン・ブラッドリー(米/PL)ら、4アンダー11位タイにザック・ジョンソン(米/SS)、ケビン・キスナー(米/PL)、アレクサンダー・ノレン(スウェーデン/SS)らが続く。

 トミー・フリートウッド(英/SS)は3アンダー21位タイ、ウェブ・シンプソン(米/SS)、ジャスティン・ローズ(英/PL)は2アンダー31位タイ、ジェイソン・デイ(豪/SS)は1アンダー49位タイ、イム・ソンジェ(韓/PL)はイーブンパー64位タイ、前回大会覇者のタイラー・ダンカン(米/PL)は4オーバー132位タイで初日を終えた。

 小平智はプランテーションコースを回り、2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「75」で3オーバー122位タイと出遅れている。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 ザ・RSMクラシック
11月19日(木)~11月22日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。