ニュース・コラム

国内男子

池田勇太が「64」で首位発進 連覇狙う石川遼も3打差につける

2020年12月3日(木)午後6:50

2020 ゴルフ日本シリーズJTカップ
 国内男子ツアーの年内最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は3日、東京都の東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)を舞台に第1ラウンドの競技を終了。池田勇太が6アンダー単独首位発進を切った。

 池田はこの日、6番、17番のパー5でイーグルを奪取。伸ばしどころでしっかりとスコアを伸ばし、自身の今季ベストとなる「64」を叩き出してリーダーボードの最上段に立った。

 5アンダー単独2位に谷原秀人。4アンダー3位タイに市原弘大、杉山知靖、阿久津未来也、岩田寛、チャン・キム(米)の5選手がつけている。

 また、昨年大会覇者の石川遼も好発進。前半を2アンダーで折り返すと、15番で初のボギーを叩いたが、直後の16番で取り返し。17番もバーディとし、2戦連続優勝を目指す金谷拓実と並ぶ3アンダー8位タイで初日を終えた。

 今平周吾は10ホールを終えてノーバーディの5オーバーに沈んでいたが、その後は4バーディ、1ボギーと調子を取り戻して2オーバー24位タイで2日目を迎える。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 ゴルフ日本シリーズJTカップ
12月3日(木)~12月6日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。