ニュース・コラム

ヨーロピアンツアー

川村昌弘「長い合宿という感覚で良いスキルアップになった」 14位タイで最終戦を締める

2020年12月14日(月)午前11:50

2020 DPワールドツアーチャンピオンシップ ドバイ<ロレックスシリーズ>
 13日、欧州男子ツアーの最終戦、DPワールドツアーチャンピオンシップ ドバイ(アラブ首長国連邦/ジュメライゴルフエステート/7,675ヤード・パー72)最終日を終え、通算6アンダー14位タイだった川村昌弘が、CS放送「ゴルフネットワーク」での同大会中継中に電話インタビューに答えた。

―今日は何が良かったですか

 ショットは4日間良くなかったですが、今日はパッティングとアプローチとショートゲームが良かったです。

―5バーディ、ノーボギーというプレーに満足していますか

 大満足です。最後にこんなに良いゴルフをするとは思いませんでした。短いバーディパットを1本外したかなくらいです。

―パー3やタフなホールでのバーディが多かったですね

(パー3は)近くに着いたのがありました。狭いところに切ってあったので狙うしかなかったです。

 昨日は特に(タフな)8番、9番、17番と難しかったですがバーディと何とも言えない感じです。ただ、何でもないところでピンチを拾ったりしていたので難しい4日間でした。

―今シーズンはどうでしたか

 今シーズンはコロナで途中休みがありましたが、再開してから優勝争いができた試合、最終組だった試合もあり、最終戦まで来れました。本当に5か月間の長い合宿という感覚で良いスキルアップになりました。

―実力のある選手たちと回ったと思いますが印象は

 今週だけでいうとそんなにバチバチという選手とは回っていないですが、調子の良かった選手だとBMWチャンピオンシップで回った(マシュー・)フィッツパトリックが今週も上に来ています。

 飛距離も一緒くらいで、あの飛距離でずっと上でプレーしているので無駄なくプレーしているんだろうなと感じました。あのようなゴルフを極めればあの位置まで行けるのかなとも思います。

(※フィッツパトリックが今大会を制した)

―このあとの予定は

 まず日本に帰ります。5か月間体のケアもほぼ受けずに連戦してきたので、ゆっくり体を休めて、来年はアブダビ(HSBCゴルフチャンピオンシップ)から始まるので元気に戻って来れるようにと思います。

―最後にファンへ一言お願いします。

 一年間ありがとうございました。プレースタイルは地味ですが(笑)、一生懸命頑張っているので応援して頂ければ嬉しいなと思います。

関連番組

2020 DPワールドツアーチャンピオンシップ ドバイ<ロレックスシリーズ>
12月10日(木)~12月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。