ニュース・コラム

PGAツアー

23歳で全米プロ制覇 コリン・モリカワを振り返り

2020年12月28日(月)午後0:00

この記事のキーワード
 今年の全米プロゴルフ選手権を制したコリン・モリカワ(米)の2020年を振り返ろう。同選手は米カリフォルニア州出身の日系アメリカ人。世界アマチュアランキング1位に輝くなどカリフォルニア大学バークレー校卒業後の2019年にプロ転向した。

 2019年の優勝者のみが出れる1月のセントリートーナメント オブ チャンピオンズ(7位タイ)に出場したモリカワはその後、予選落ちすることなく3月のアーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカードで9位タイに入る。新型コロナウイルスの影響で約3か月ツアーは中断となったが、再開後のチャールズ・シュワブチャレンジで単独2位。7月のワークデイチャリティオープン at ミュアフィールドビレッジGCではツアー通算2勝目を飾った。

 そして迎えた8月の全米プロ。3日目を終えてダスティン・ジョンソン(米)、ブルックス・ケプカ(米)、ポール・ケーシー(英)らが上位にいたが、モリカワは最終日に6アンダー「64」というビッグスコアを難コンディションのなか叩き出す。終わってみれば通算13アンダーと後続に2打差をつけてメジャー初優勝を23歳という若さで手にした。

 アメリカで育ったというアドバンテージはあるが体格は一般的な日本人プロと変わらない。しかし、モリカワには300ヤード先のグリーンをドライバーでワンピン以内に捉えられるほどの正確性がある。逆に、ショットの正確性を上げていけば日本人プロもいずれはメジャータイトルを獲得できるのかもしれない。

 ショットメーカーで、インタビューにも真摯に答えるモリカワ。日本語は話せないが日本食が大好きなモリカワ。全米プロ以降はザ・CJカップの12位タイが最高だが、引き続き注目したい選手の一人である。

(写真:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。