ニュース・コラム

ヨーロピアンツアー

トーマス「恥ずべき言葉だった」 ラルフローレンとの契約解除後初めて公の場に

2021年1月21日(木)午後3:25

この記事のキーワード

 20日、不適切発言でラルフローレンとの契約を打ち切られたジャスティン・トーマス(米)が契約解除後、初めて公の場で話した。同日、米ゴルフチャンネルが伝えている。

 この問題については2週前のセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ3日目にトーマスがショートパットを外した際、同性愛者を差別する言葉を吐き、その模様がSNSで拡散。その後トーマスは「言い訳のしようがない。本当に申し訳ない」と謝罪していたが、ラルフローレンは「我々の価値観とは完全に反している」と契約を打ち切った。

 トーマスは「(契約解除という)決定を尊重する。私はこれからより良い人間になれるようトレーニングプログラムなどを受けたい」と明かした。なお、ラルフローレンは、トーマスが成長し、懸命に努力するのであれば再契約を検討するとも発表しているが果たして。

 今週は欧州ツアーのアブダビHSBC選手権(21~24日/アラブ首長国連邦/アブダビGC)にエントリーしているトーマスは、予選ラウンドでローリー・マキロイ(北アイルランド)、リー・ウェストウッド(英)と同組で回る。正直、プレーよりもどこのブランドのウェアを着るかに注目が集まるだろう。

関連番組

2021 アブダビHSBCゴルフチャンピオンシップ<ロレックスシリーズ>
1月21日(木)~1月24日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。