ニュース・コラム

PGAツアー

5月の「全米プロ」で距離計測器解禁 前回覇者C.モリカワが自身の見解語る

2021年2月11日(木)午後1:07

2021 全米プロゴルフ選手権
 世界ランキング7位のコリン・モリカワ(米)が、連覇をかけて参戦する今年の全米プロゴルフ選手権(5月20日~/米サウスカロライナ州/キアワ・アイランド・ゴルフリゾート)で距離計測器の使用が許可されたことについて、自身の見解を明かしている。

 計測が許されるのは距離と方向のみで、高低差や風速などは対象外。使用許可を決めた全米プロゴルフ協会(PGAオブ・アメリカ)のジム・リチャーソン代表は「プレーの流れを改善するのに役立つ可能性があるものには常に関心がある」と時間短縮への期待を述べているが、モリカワは「10分か15分短縮するかと言われれば、そうは思わない」と語った。

 それでも「(時間短縮の)解決策になるかは分からないけど、やってみるまでは判断できないよね」と話すと、「メジャー大会で試すのは興味深いから、楽しみだ。初めての試みの一部になれるのはクールなこと」と前向きな考えも示した。

 なお、距離計測器の使用は全米プロゴルフ選手権のほか、米シニアメジャーのキッチンエイド全米プロシニアゴルフ選手権(5月27日~/米オクラホマ州/サザン・ヒルズ・カントリー・クラブ)、海外女子メジャーのKPMG全米女子プロゴルフ選手権(6月24日~/米ジョージア州/アトランタ・アスレチック・クラブ)でも認められる。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021 全米プロゴルフ選手権
5月20日(木)~5月23日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。