ニュース・コラム

PGAツアー

マキロイが2年ぶりの予選落ち 「パットが難しくタフだった」

2021年2月20日(土)午後0:06

2020-21 ザ・ジェネシスインビテーショナル
 米男子ツアーのザ・ジェネシスインビテーショナルは19日、米カリフォルニア州のザ・リビエラカントリークラブ(7,322ヤード・パー71)で第2ラウンドが行われ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)は通算7オーバー111位タイで予選落ちを喫した。

 85位タイからの巻き返しを狙ったマキロイだったが、1バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの「76」とスコアを伸ばせず、2019年の全英オープン以来の予選落ち。同ツアーでは25試合連続で予選を突破していたが、今回その記録が途絶えた。

「間違ったサイドにボールを置いてしまうと、攻めるゴルフがしづらくなる。特にパットが難しくタフだった」とこの日のストロークゲインドパッティング(パッティング貢献度)は「-2.165」だった。

 ちなみに、タイガー・ウッズ(米)は142試合連続で予選突破という記録を持っている。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2020-21 ザ・ジェネシスインビテーショナル
2月18日(木)~2月21日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。