ニュース・コラム

PGAツアー

24歳コリン・モリカワが単独トップに WGC初制覇に王手

2021年2月28日(日)午後1:30

2020-21 WGC-ワークデイチャンピオンシップat ザ・コンセッション
 世界選手権シリーズのWGC-ワークデイチャンピオンシップat ザ・コンセッションは27日、米フロリダ州のザ・コンセッションゴルフクラブ(7,474ヤード・パー72)で第3ラウンドが終了。24歳のコリン・モリカワ(米)が8バーディ、3ボギーの「67」をマークし、通算15アンダー単独首位に浮上した。

 1打差2位タイから出たモリカワは、12番までに5連続を含む8バーディを量産し、後続に5打差のトップに。そこから13番、17番のパー5でボギーを叩いたが、2位に並ぶブルックス・ケプカ(米)、ビリー・ホーシェル(米)を2打リードして最終日を迎える。

 モリカワは「最後の6ホールは素晴らしいプレーが出来なかったけど、明日に向けて学ぶことがたくさんあった。明日の18ホールに向けて頭をスッキリさせる」とWGC初制覇がかかる最終日に向けてコメントした。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2020-21 WGC-ワークデイチャンピオンシップat ザ・コンセッション
2月25日(木)~2月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。