ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、理想のスイングではないが「ノーマルのショットは良い感じになって来ている」

2021年3月1日(月)午前11:30

2020-21 WGC-ワークデイチャンピオンシップat ザ・コンセッション
 世界選手権シリーズのWGC-ワークデイチャンピオンシップat ザ・コンセッションは28日、米フロリダ州のザ・コンセッションゴルフクラブ(7,474ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹は3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「74」と落とし、通算8アンダー15位タイとなった。

―ラウンドを振り返って

 ショットは悪かったですが、そこまで心配する程ではありません。しかし、最後のセカンドショットの様に「この状況でこういう球を打ちたい」という時に打てなくて、まだ(理想の)スイングが出来ていなかったです。それでもノーマルのショットは良い感じになって来ていると思います。

 パッティングに関しては昨日、今日と少し崩れてしまったので、(前週の)リビエラと今週の初日、2日目の良かったものを思い出して、ズレている箇所を修正できればまた良いパッティングができると思います。(次の試合まで)時間は短いですが、直せればいいなと思います。

―理想のプレーに近づく過程の状態か

 優勝争いの状況で、なかなか自分の思う様なパッティングやショットがここ何年かずっと出来ていないですが、少しずつ進歩している部分はあると思うので、しっかりと次に繋げて、良いものを伸ばしていけるようにしたいなと思います。

―修正箇所が具体的になってきている

 ショットに関しては、先週悪くなった箇所を今週ある程度のところまで戻せたので、そこは凄く良かったです。パッティングは一度崩れるとなかなか元に戻せない状況でそれが何年も続いている問題なので、コーチと相談しながら初日、2日目と3日目、最終日では何が違うのか考えながら出来たらいいなと思います。

―来週(アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード)に向けて意気込みを

 毎年体調を崩したり、先週、先々週も崩しているので、そこをまず気を付けたいと思います。
 

最終日ホールバイホール

関連番組

2020-21 WGC-ワークデイチャンピオンシップat ザ・コンセッション
2月25日(木)~2月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。