ニュース・コラム

PGAツアー

稲森佑貴、デシャンボーと同組の最終日にスコアを崩すも「もう一回見直すしかない、練習するしかない」

2021年3月1日(月)午後0:00

2020-21 WGC-ワークデイチャンピオンシップat ザ・コンセッション
 世界選手権シリーズのWGC-ワークデイチャンピオンシップat ザ・コンセッションは28日、米フロリダ州のザ・コンセッションゴルフクラブ(7,474ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、稲森佑貴は「78」と崩れ通算3オーバー48位タイで終えた。

―デシャンボーと同組となった今日のラウンドについて

 異色の組でしたが、圧倒的な飛距離の差でした。飲み込まれて自分のゴルフが全然できなかったです。

―どの辺りが飲み込まれた?

 基本的に全てのミドルホールでセカンドの番手がほぼウェッジで、ロングホールもピッチングだったり、(自分の)感覚がおかしくなりそうでした。ただ、それを言い訳にするのではなく、そもそも朝から調子が良くなかったので、ショットもパターも全てが悪くて、今まで耐えていた部分を一気に放出してしまい、なかなか克服できなかったです。

―4日間を振り返って

 今日は本当に忘れたいくらいですが、昨日までのゴルフは初めてのコースにしてはなかなか良いゴルフができていたと思います。しかし、昨日も全体的に考えたら勿体ないプレ-がほとんどでした。グリーン上で苦しんだのが今週の課題だったので、もう一回見直すしかない、練習するしかないと思いました。

―今大会で得た収穫について

 2日目にアンダーパーで、しかもノーボギーで回れたことです。そのイメージを持って帰りたいです。今日は全ホールミスしている感じだったので、そこを課題として練習します。
 

最終日ホールバイホール

関連番組

2020-21 WGC-ワークデイチャンピオンシップat ザ・コンセッション
2月25日(木)~2月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。