ニュース・コラム

レッスン

ゴルフを最高に楽しく!飛ばしのための「ハンドファーストインパクト」

2021年3月2日(火)午後1:25

プレメンレッスン!Season 3 藤本敏雪メソッド
この記事のキーワード
 CS放送ゴルフネットワークのレッスン番組「プレメンレッスン!Season3」に出演しているツアープロコーチ「フジモンティ」こと藤本敏雪コーチ。世界のトップコーチの一人、ジョージ・ガンカスと出会い直接指導を受け「GGスイング」を日本に広め、多くのプロゴルファーやアマチュアゴルファーを指導しています。

 今回のテーマは飛ばしのための「ハンドファーストインパクト」です。
 
ハンドファーストインパクトは体の動きから自然に生まれる
 アマチュアの皆さんが憧れるハンドファーストインパクト。それは意識して作るものではなく、正しい体の動きから自然に生まれるものです。プロゴルファーは結果的にハンドファーストになっています。

 シャロースイング、バックスイングの動き、スクワットダウンをすること、体から手が離れたトップから、切り返しでの左足の外旋によってシャローなポジションへ。そこから上半身を止めずに回転させることで、自然にインパクトはハンドファーストになります。
 

 間違ったハンドファーストインパクトの動きとしては、ダウンスイングで腰が左にスライドすると、早いタイミングで手を返す動きが出てしまい、手先を使った振り方になってしまいます。
 

 ハンドファーストで打つためのチェックポイントとしてはふたつあります。

 ①手と体のバランスを意識する

 腰をスライドさせると手は後ろに残ってしまうので、トップの位置から、腰が右方向に動くイメージがあると、より手は自然に前に入って来ます。左足を外旋してターンすれば、手は自然に体の前(最適な位置)に来ますので、そのまま体を回転させることでハンドファーストインパクトになります。
 

 ②上半身が伸び上がらないように、構えより低い位置でインパクトする

 インパクトで体が伸び上がってしまうと、ハンドファーストで打とうとしてもボールに届かなくなリ、リリースしながらインパクトしてしまいます。

 ハンドファーストは体の前にグリップがあり、体のポジションが左にあればグリップも左にあります。

 手でハンドファーストにしているわけではなく、体が回転していきながら手が体の前にあることによって、結果的にハンドファーストインパクトになります。
 

 ハンドファーストインパクト後は、右ヒジ、右手首をフォローで一気に伸ばし切り、クラブをしっかりリリースすることが重要です。
 

 ここで、どこでもできるハンドファーストインパクトを体得するドリルを紹介します。

 まず、アイアンを用意して、シャフトの半分ぐらいのところで握ります。そしてアドレスしたときに、グリップの部分が左腰に当たるように構えます。

 そして、いつもどおりバックスイングをして、体の回転をつかってインパクトまで持っていきます。この時、正しいインパクトの場合は、グリップと体の間に間にボール1個分くらいのスペースができます。

 そして、右肘が曲がった状態から伸びてリリースしていくときに、グリップが左腰に当たるようにフォローをします。

 このドリルで、ハンドファーストからリリースまでの動きが体感できます。コース上でもかんたんにチェックできますので、ぜひ試してみてください。しっかりと胸をターンさせるのがポイントです。 

 シャローイングで力強いスイングに挑戦し、より多くのナイスショットを目指しましょう。コース上でも気持ちよく振って飛ばせたら、ゴルフは最高に楽しくなります。

★CS放送ゴルフネットワーク「プレメンレッスン!Season 3 藤本敏雪メソッド」#4より
 
 
【見逃し配信中】「プレメンレッスン!Season 3 藤本敏雪メソッド」#4

関連番組

プレメンレッスン!Season 3 藤本敏雪メソッド

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。