ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹が難コースに挑む 攻略の鍵はティーショット「しっかり出来れば上位に」

2021年3月3日(水)午後0:13

2020-21 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
 米男子ツアーのアーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード(4日~/米フロリダ州/ベイヒルクラブ&ロッジ)に出場する松山英樹がインタビューに答えた。

―練習ラウンドでの感触は?

 体の調子が100パーセントではないですけど、ショットに関してはその中では上手く調整できているのではないかと思います。

 パッティングは(前週大会の)3日目、4日目に良くなかった部分を自分なりに考えて、「こうじゃないか」というのがあったので、それを試しながらコーチとやっています。今週どうなるか分からないですが、良い方向に行ってくれればなと思います。

―WGC-ワークデイチャンピオンシップで苦労した点は?

 全部が良い方向には行っていたので、何が特別というのはありませんでした。

―結果が出るまでに時間がかかる?

 すぐに良くなるかもしれないですし、すぐに悪くなるかもしれないという状況ですが、落ち込んでプレーはしていないという感じです。

―ベイヒルクラブ&ロッジの印象

 毎年タフなコースで、ラフは今年も深く、フェアウェイに行かなければスコアは伸びないです。パッティングも大事ですし、それをいかにコツコツと続けられるかだと思います。

―気を付ける点は?

 ティーショットは一番気を付けなければいけないと思います。ティーショットで成績が変わってくるコースだと思うので、そこをしっかり出来れば上位にいると思います。

―目標は?

 上位で戦って優勝ができるように頑張りたいと思います。

関連番組

2020-21 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
3月4日(木)~3月7日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。