ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹「1打でも良いプレーが出来るようにしたい」 後半の2ホールは納得のプレー

2021年3月6日(土)午前10:30

2020-21 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
 米男子ツアーのアーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカードは5日、米フロリダ州のベイヒルクラブ&ロッジ(7,454ヤード・パー72)で第2ラウンドが行われ、松山英樹は4バーディ、2ボギーの「70」で回り、通算1オーバー53位タイで決勝ラウンドを決めた。

―今日のラウンドを振り返って

 昨日終わった後、家に帰って練習した時に良い感じで出来ていたので、今日は大丈夫かなと思いスタートしました。しかし、なかなかドライバーショットが気持ちよく打てず、スコアを崩したのはショートゲームでしたが、ちょっと苦しかったです。それでも後半伸ばせたので良かったと思います。

―ドライバーの課題、予選カットラインと考えることが多かった中でのプレーについて

 パッティングが良ければ伸びると思っていましたし、最後に2つ良いパットが入ってくれたので、そこは良かったです。

―パターの感触は

 ラウンド中も試行錯誤しながら、先週の初日、2日目の良かったイメージを持ちながらプレーしていましたが、掴むものが見つけられていないです。しかし、最後の2つは良かったので、しっかり分析して良いプレーがまた出来るようにしたいなと思います。

―決勝ラウンドに向けて意気込みを

 通る、通らないとではだいぶ差があると思うので、1打でも良いプレーが出来るようにしたいなと思います。
 

2日目ホールバイホール

関連番組

2020-21 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
3月4日(木)~3月7日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。