ニュース・コラム

国内女子

稲見萌寧がツアー3勝目、プレーオフで永井花奈を下す 渋野日向子は57位タイ

2021年3月14日(日)午後5:42

2021 明治安田生命レディスヨコハマタイヤゴルフトーナメント
 国内女子ツアーの明治安田生命レディスヨコハマタイヤゴルフトーナメントは14日、高知県の土佐カントリークラブ(6,228ヤード・パー72)で最終ラウンドが終了。稲見萌寧が永井花奈との3ホールに及ぶプレーオフを制し、ツアー通算3勝目を挙げた。

 後続に3打差の単独首位からスタートした稲見は、1バーディ、5ボギーの「76」とスコアを落とし、通算6アンダーで並んだ永井とのプレーオフに。3ホール目でパーをセーブし、昨年10月のスタンレーレディスゴルフトーナメント以来の勝利を手にした。

 通算5アンダー3位タイに比嘉真美子、森田遥、藤本麻子、通算4アンダー6位タイに武尾咲希、林菜乃子、通算3アンダー8位タイに新垣比奈、山下美夢有、山路晶、堀琴音が入った。

 賞金ランキングトップの笹生優花は通算2アンダー12位タイ、前週優勝の小祝さくら、上田桃子は通算イーブンパー23位タイ、古江彩佳は通算1オーバー28位タイで終戦。渋野日向子は3バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの「77」で、通算7オーバー57位タイで3日間を終えた。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021 明治安田生命レディスヨコハマタイヤゴルフトーナメント
3月12日(金)~3月14日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。