ニュース・コラム

PGAツアー

全米プロ覇者C.モリカワが単独2位で最終日へ 5打差逆転なるか?

2021年4月18日(日)午前10:24

2020-21 RBCヘリテイジ
この記事のキーワード
 米男子ツアーのRBCヘリテイジは17日、米サウスカロライナ州のハーバータウンゴルフリンクス(7,121ヤード・パー71)で第3ラウンドが終了。全米プロゴルフ選手権覇者のコリン・モリカワ(米)が5バーディ、1ボギーの「67」で回り、通算13アンダー単独2位につけている。

 7打差4位タイから出たモリカワは2番でバーディを先行させると、7番でボギーを叩いてイーブンパーで折り返す。それでも13番からの3連続バーディでリーダーボードを浮上すると、17番でこの日5つ目のバーディを奪い、単独首位のスチュワート・シンク(米)に5打差の位置で最終ラウンドに臨むこととなった。

「(最終日は)最初から(シンクに)プレッシャーをかけなければいけない。今日の前半のようにイーブンパーだったら、後半でどれだけバーディを獲っても追いつけないだろう」と逆転にはスタートダッシュが不可欠だとコメント。「彼(シンク)の助けも必要になるけど、このコースは9アンダーや8アンダーや7アンダーも可能だから、僕はそれを目指すよ」と意欲を語っていた。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2020-21 RBCヘリテイジ
4月15日(木)~4月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。