ニュース・コラム

PGAツアー

マキロイ「優勝するのは簡単ではない」 約1年半ぶりの勝利

2021年5月10日(月)午後2:58

2020-21 ウェルズファーゴチャンピオンシップ
 ローリー・マキロイ(北アイルランド)が、米男子ツアーのウェルズ・ファーゴチャンピオンシップで1年半ぶりのツアー通算19勝目を挙げた。父親となってからは初めての優勝となる。

「優勝するのは簡単ではない。勝てなかった期間はとても長く感じた」

 2019年のWGC-HSBCチャンピオンズ以来、優勝のなかったマキロイ。最近はドローからフェードに持ち球を変えるなどスイング改造に取り組み、今回やっと結果が出た。

 最終日の最終18番ではティーショットを右に曲げあわやクリークというひやひやな展開だったが、ボギーで収めて何とか勝利を掴んだ。

「こんなに声援をもらったのはいつぶりだろう?」と、まだまだ新型コロナウイルスの影響で「大勢の」ギャラリーとはいかないが祝福を受けた。特に愛娘ポピーちゃんの前で優勝できたのは特別な瞬間だったはずだ。

 2019年のプレーオフシリーズ最終戦のツアーチャンピオンシップで優勝し、年間王者に輝いてからの幾つかの試合ではトップ5入りの連発だったが、新型コロナウイルスの影響でツアーが中断してからは、マキロイらしくないプレーが続いた。

 それでもスイング改造に取り組み、優勝することができた。再来週の全米プロゴルフ選手権に向けて最高の4日間になったのではなかろうか。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 ウェルズファーゴチャンピオンシップ
5月6日(木)~5月9日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。