ニュース・コラム

PGAツアー

コクラックが逆転Vに意欲! 地元テキサスの人気者スピースと“対決”へ

2021年5月30日(日)午後0:45

2020-21 チャールズ・シュワブチャレンジ
 29日、米男子ツアーの「チャールズ・シュワブチャレンジ」(米テキサス州/コロニアルカントリークラブ)は第3ラウンドの競技が終了。昨年10月「ザ・CJカップ」以来のツアー通算2勝目を狙うジェイソン・コクラック(米)が6バーディ、2ボギーの「66」をマークし、通算14アンダー単独2位で最終日を迎える。

 コクラックは出だしの1番、2番で連続バーディを奪うも、5番、6番をボギーとしてイーブンパーで折り返す。それでも後半は12番でバーディを先行させると、14番からの4ホールで3つのバーディを追加。単独首位に立つジョーダン・スピース(米)に1打差と絶好の位置で3日目を終えた。

 地元テキサス出身の人気者、スピースとプレーしたコクラックは「(13番の)グリーンを降りた時、今週の僕はここでのお気に入りじゃないなって感じだった」とコメント。最終日もスピースとの“対決”となるが「彼はテキサス、僕はオハイオ。地元の若者がいいプレーをして最終組にいるのは楽しいよね。でも明日は彼のためにそれを台無しにしたいと思うよ」と冗談交じりに話していた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 チャールズ・シュワブチャレンジ
5月27日(木)~5月30日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。