ニュース・コラム

海外女子

笹生優花「この調子で楽しんで頑張っていきたい」 単独トップで決勝ラウンドへ

2021年6月5日(土)午後2:13

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
 海外女子メジャーの全米女子オープンゴルフ選手権は4日、米カリフォルニア州のザ・オリンピッククラブ レイクコース(6,546ヤード・パー71)で第2ラウンドが行われ、笹生優花は通算6アンダー単独首位に浮上した。

―ラウンドを振り返って

 お昼からのスタートで寒かったですが、ショットも安定していてパターもちょこちょこ入ってくれたので良かったです。

―出だしの10番でバーディを獲って勢いをつけた

 セカンドが良かったです。

―前半は攻めているように見えた

 狙っていたわけじゃないですが、結果的に寄ってくれたので良かったです。

ー16番や1番でナイスセーブがあった

 16番はティーショット、セカンドとラフに入れてしまって出すしかない状況でしたが、パーが獲れて良かったです。1番はサードが右に行ってしまいましたが、チップインパーで入ってくれて良かったです。

―ラフからのショットは慣れたか

 慣れてはいないですがラフに入ったらフェアウェイに出すことを第一に考えています。

―決勝ラウンドに向けて

 この調子で楽しんで頑張っていきたいです。

関連番組

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
6月3日(木)~6月6日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。