ニュース・コラム

PGAツアー

ジョン・ラームが世界1位に返り咲き 松山英樹16位、星野陸也76位

2021年6月21日(月)午後2:00

この記事のキーワード
 20日付の男子世界ランキングが発表され、海外男子メジャーの全米オープンゴルフ選手権でメジャー初タイトルを獲得したジョン・ラーム(スペイン)が2つ順位を上げ、昨年8月以来となる世界1位の座に返り咲いた。

 ラームの浮上でダスティン・ジョンソン(米)は2位、ジャスティン・トーマス(米)は3位とそれぞれ1ランクダウン。以下、4位にコリン・モリカワ(米)、5位にザンダー・ショフレ(米)、6位にブライソン・デシャンボー(米)となっている。

 全米オープンで26位タイに入った松山英樹は1つ下げ16位。同じく26位タイだった星野陸也は76位と順位を2つ上げ、東京五輪の代表は松山と星野に決定。以下、日本勢は金谷拓実(85位)、今平周吾(135位)、石川遼(156位)と続く。

(写真:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。