ニュース・コラム

PGAツアー

木下稜介、全英オープン最終日は「意地でもアンダーで上がれるように」

2021年7月18日(日)午前8:22

2021 全英オープンゴルフ選手権
この記事のキーワード
 海外男子メジャーの全英オープンゴルフ選手権は17日、英国のロイヤルセントジョージズゴルフコースで第3ラウンドが行われ、木下稜介がは2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「72」で回り、通算3オーバー64位タイで最終日を迎える。

―ラウンドを振り返って

 風は比較的弱かったのですが前半で少し崩れてしまって、それが少し残念でした。

―全体的にはショットは安定していたか

 ショットの手ごたえは今日が一番良かったのですが、前半4番などもったいないボギーが続き、後半は少し修正ができたと思いますが、少し残念でした。

―グリーンの違いはあったか

 今日はピンポジションが非常に厳しいところに切ってある気がしました。グリーンに乗っても、2つくらいのマウンドを越えてすごく曲がるラインなど、今日はそのようなところについてしまうことが多かったので、タッチを合わせるのが非常に難しかったです。距離もしっかり合わせていかないと今日はチャンスにつかないピンポジションが多かったかなと思います。

―7番でダブルボギーを打ったあとの切り替えは

 10番ホールでしっかりバーディが獲れて、そこで少し悪い流れを断ち切れたと思います。14番でもバーディが獲れたので、後半に関しては良かったと思っています。

―明日に向けて

 今日はスコアを伸ばせなくて残念だったので、明日は意地でもアンダーで上がれるように頑張りたいと思います。

関連番組

2021 全英オープンゴルフ選手権
7月15日(木)~7月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。